飛行機代金の小児料金と幼児料金は違う!半額と無料!?


飛行機代金で間違えやすいのが子供料金です。
子供料金とは2つに分ける事が出来て、

 

●小児料金
●幼児料金

に分ける事が出来ます。

 

 

 

 

飛行機代金の小児料金はほとんどが半額適用!?

飛行機代金の小児料金についての年齢は

3歳から11歳まで

が基本になります。

 

そして

大人料金の約半額

になります。

 

 

原則的にどの航空会社も同じですので小児料金はこちらで覚えておいてください。

小児料金の注意点:小児料金のよくある注意点としては大人料金と違い割引が効かない事です。
大人の通常料金の場合は、旅割や早割などの割引を使うと格段に安くなりますよね。その割引が付かないのが小児料金になり、よくあるパターンで親子で飛行機に乗る場合に大人料金のが安く子供料金のほうが高くなったというケースがありますが、これは大人料金が非常に高い割引率で購入出来たのに対して子供料金は割引が無い為に、結果的に子供料金のほうが高くなったというケースです。

 

 

 

飛行機代金の幼児料金は原則無料が基本!

飛行機代金の幼児料金の年齢は

生後8日〜2歳まで

料金は

無料

になります。

 

 

幼児料金の注意点:飛行機代金での幼児料金は基本無料ですが、それは席を確保しないからです。親の膝に乗る事で無料になるのです。
もし幼児でも座席を確保したいのであれば料金がかかりその料金は小児料金になり有料となりますので注意が必要です。


トップ

安く航空券を買えるサービス